埼玉のインプラントなら関越歯科へ |東松山の歯医者

関越通信

重症な患者様です。治りますよ 歯周病
重症な患者様 若年性歯周炎です。どこの歯科医院でも抜歯ししてから総入れ歯にするとい言われたそうです。普通の歯周病治療では治すことは不可能ですので、総入れ歯を勧められても仕方がないでしょう。
でも関越歯科に来院されたことは患者様にとって本当に良かったと思います。
これを治す自信があったからです。
初診時のレントゲンです。


痛くて何も噛めない、膿も出ています。これを痛くなく噛めるようにして、もちろん膿も止めました。
6か月に一度のリコールで約10年維持しています。これ以上の結果はないと思います。
現在の写真は、これです。
これが現在の状態です。これを見せると普通の歯科医は驚きます。
それほどこの治療結果は素晴らしいのです。このような患者様、関越歯科には他にもいらっしゃいます。
だからまぐれではありません。通常このような患者様ですと、初診時に全部抜歯して総入れ歯かインプラントを勧められるでしょう。特にインプラントの専門の歯科医院では抜いてインプラントと言われることが多いと思います。私もインプラントをやっておりますが、患者様の幸せを考え、患者様お一人お一人に合った治療を検討しますから無理にお勧めするようなことはしません。歯周病治療、入れ歯治療などこれらの治療を真面目にやっているうちに、高難度の歯周病も治せるようになりました。 歯科治療は治らないと思っていらっしゃる患者様が多いと聞きます。そんな概念を関越歯科で変えてみせます。








関越歯科 インプラント 歯周病 入れ歯 矯正 ct 顕微鏡 坂戸 熊谷 川越 

 
投稿者 関越歯科 (2015年3月22日 21:45) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :