埼玉のインプラントなら関越歯科へ |東松山の歯医者

関越通信

理想のインプラント=腫れない 痛くないインプラント手術 
先日上顎に5本のインプラントを埋入する手術を行いました。埋入は50分くらいで終了。患者様にはインプラント手術の直後に入れ歯を入れてもらいました。手術の翌日、患者様に質問いたしました。
院長「痛み止めは飲まれていまか?」 
患者様「飲んでいません。痛みはありません。」
院長「入れ歯はしていますか?」
患者様「はい。そのまま入れています。腫れないので入れ歯はピッタリです。」
これはインプラント手術後理想の会話です。そしてこの会話が関越歯科の手術がいかに理想的であるかの証明です。
残念なことにこれが出来る歯科医はそんなに多くはいません。
よく聞くのは「手術ですので傷痕がありますので、多少の腫れ痛みは仕方がないこと。痛み止めを飲めば大丈夫」 という説明です。
関越歯科はインプラント20年以上の経験で手術の仕方には改良を重ねておりますので痛くない、腫れない手術が可能です。
インプラントで有名な先生はインプラント手術後10日後に患者さんに来てもらう。それより前に来院されると腫れて痛いと言われるからだと言っています。
世界中のインプラント認定医がこのような腫れない痛くない手術を求めています。関越歯科は、腫れない痛くないインプラント手術ができる数少ない歯科医院です。


投稿者 関越歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ベテラン衛生士のお話
ベテラン衛生士、関越歯科以外の歯科医院の務め先と、当歯科医院の比較をききました。
 箇条書きにすると、
1)義歯が上手
2)歯周病(歯槽膿漏)が治る
3)被せものそれから噛み合わせの精度が違うということでした。
4)インプラントが違うということでした。
 
 1)義歯が上手ということについて言わせていただきますと、関越歯科の義歯のレベルは、最高レベルといえるでしょう。今までに義歯に関する学会それから勉強会に出席してきました。その発表の内容の深いところを読むように技術を習得してきた結果です。ここ数年では、数々の入れ歯作成方法を調べてみると、関越歯科の作り方以上のものはありません。
 その違いをベテラン衛生士が表現いたしました。
 関越歯科では、義歯を入れたその日から噛めます。患者様は、みな「痛くないので噛んでみて当たるようならまた来ます」と言ってニコニコ顔で帰ります。そして1週間後に来院されて、「もう慣れてきて痛くないです。
ありがとうございました。」 つまり入れ歯装着 その後の調整なしというふうになります。
 普通の歯科医院であれば、入れ歯装着時 痛みがあり違和感あり そして不快感を表情に出して帰られる
そうです。そして当日に痛いのでみてほしいという電話があり、そして延々と何か月も調節するらしいです。
患者様直筆のアンケートをご覧ください。
 




投稿者 関越歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯周病の治療にも自信があります。
5年以上歯石をとったことのない患者様が「定期的に歯石をとってほしい」とのことで6ヶ月後に来院されました。
関越歯科の歯石取りは痛くありません。それは元気な組織というものは痛みを感じますので、それらは触らずに感染した組織だけをとるようにしているからです。
今までの治療法だと歯周病の治療後に余計に歯がぐらぐらしてきたりすることがありました。これは例えるなら頭にシラミができたので髪の毛も全部沿ってしまうというような治療法に原因があります。シラミだけとり髪の毛は残すそれが一番いいと思います。髪の毛は剃ってもはえてきますが、健康な歯質は取ったらもう再生することは難しいことがあるからです。

投稿者 関越歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日の患者様 矯正を希望
  院長 「おはようございます。矯正希望と聞いておりますが、どのようにしたいのでしょうか?」
患者様 「前歯の並びが気になります。」
院長「前歯だけを動かす矯正があります。この矯正だと6か月から1年で治ると思います」「こちらに矯正する前と矯正後の模型があります。日付が模型の裏側にマジックで書いてあるので、歯並びの治りが早いのを理解していただけると思います。」
患者様「治療費はどのくらいですか?」
院長「普通の矯正費の半分くらいです」「関越歯科には、技工士がいるので特別な装置を作らせていますので、動きも早いし、費用も半分くらいになります」「関越歯科では、歯1本から動かしますので、5万円の矯正もあります。」
患者様 「お願いいたします」
院長「わかりました。ただし家族と相談してもらってokがでてから始めましょう」
 
 補足 関越歯科では、治療を行うかどうかのご決断は、患者様によく考えてもらってから行っております。即日に決めてもらうということはありません」

投稿者 関越歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
入れ歯で技術を証明 そしてインプラント1000本以上 インプラント歴26年

患者様 「先生インプラントしようか迷っています。」

院長

「治療費のことを、奥さんに言いにくいなら入れ歯にしたらいかがですか。僕は入れ歯も得意ですので、まかせてもらえれば咬めるようにしますよ。入れ歯を入れた時、痛いということも関越歯科の入れ歯ではありません。型の取り方が違いますから。

 当院では、インプラントにしようかと迷っている方には、入れ歯を最初に入れるようにしております。そうすることで、患者様お食事できるようになります。そして信頼をしていただけるようになります。それから、インプラント治療は、噛み合わせのあった入れ歯を骨に固定することです。だから入れ歯が上手に入れられない医院ではインプラントも違和感が強くて大変です。インプラント治療は、普通の治療とは違いますが、欠損補綴ですので、入れ歯ができなければ、インプラントは、難しいのです。

入れ歯もこれだけ咬めるので、インプラントはもっと噛めますよ。よく噛める噛み合わせの入れ歯を骨に固定するので噛めるに決まっていますので。

入れ歯で、僕の腕を確かめてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 関越歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
     
4